『パイレーツ・オブ・カリビアン』Pirates of the Caribbean Music Video


パイレーツ「カリブの海賊」を元にしたファンタジー・冒険映画シリーズ。シリーズは2003年に公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』より始まった。第1作の成功の後、ウォルト・ディズニーピクチャーズは、三部作計画があることを明らかにした。3年後の2006年、2作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』が公開された。続編は成功して、世界初公開日の興行記録を破った。最終的に世界興行収入は史上2番目の速さで10億6617万9725ドルまでに達し、歴代4位となった。シリーズ3作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』は翌2007年に公開された。1990年代前半、脚本家のテッド・エリオットとテリー・ロッシオは『カリブの海賊』をベースとした脚本の構想を練っていた。ディズニーはジェイ・ウォルパートにドライブに基づく脚本を書かせ、そしてそれは、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが「ストレートな海賊映画」と感じ、拒絶した。2002年3月、海賊についての知識が深いスチュアート・ビーティーが脚本を書き直し、そしてその後でエリオットとロッシオが引き入れられた。エリオットとロッシオは、『カリブの海賊』のアトラクションのナレーションの影響を受け、映画にスーパーナチュラルな要素を組み入れることを決めた。予算の増加に伴い、マイケル・アイズナーとロバート・アイガーは製作を中止しようとしたが、ブラッカイマーがコンセプトアートとアニマティックを見せて説得し、食い止めた。