24-Twenty Four|刑事コロンボ/Colombo|プリズンブレイク/Prison Break|X-ファイル



24 Twenty Four あらすじ


Twenty Four
現在進行中の出来事が三幕構成となっている。ジャック・バウアー、テリー・バウアー、ニーナ・マイヤーズ、キム・バウアー、デイビッド・パーマーの他、悪役のマンディやアイラ・ゲインズ、ビクター・ドレーゼンの視点から描かれる。第一幕では、傭兵グループがジャックの妻と娘を誘拐し、パーマー議員の殺害を強要させる。
人気爆発
日本では2003年にビデオ化され、レンタルビデオによって人気が爆発。シリーズ累計レンタル回数3億回という異例の記録も作り、レンタルビデオ店の前に24の次回の話が気になるファンが行列を作るという、珍しい現象まで見られた。また、数話まとめて、時には1シーズン全てを連続視聴する試写会やテレビ放送が行われた。

Prison Break あらすじ


プリズンブレイク
死刑判決を受けたリンカーン・バローズ。主人公マイケル・スコフィールドは兄リンカーンの無実を信じ、刑執行から救い出すために綿密な計画と自身の体に刑務所の設計図を模したタトゥーをいれる。銀行強盗で目論見通り実刑が確定したマイケルは、重警備のフォックスリバー刑務所へ収監、そして兄弟での脱獄を企てる。
棚上げから一転
最初にFOXテレビで企画に上がったのは2003年。大脱走、パピヨン、ショーシャンクの空にのような脱獄ものをドラマでやりたい。しかし、長期化しそうなシリーズに不安を感じ、棚上げとなった。その後、全10話程度の短い期間のシリーズドラマとしてスティーヴン・スピルバーグやブルース・ウィリス等が興味を示したが、実現されなかった。2004年に「24 -TWENTY FOUR-」や「LOST」が大好評を得たことでFOXは方向転換し製作に入った。


Colombo あらすじ


刑事コロンボ
初めに犯人がわかった上で物語が展開され、その動機や犯行手口を暴いていく「倒叙」と呼ばれるミステリー手法、斬新な作風と犯人を追いつめるコロンボの執拗なまでの捜査、犯人との息詰まる心理戦は大反響となり、高視聴率を記録した。 レギュラーはあくまでコロンボ一人だけであり、性格や設定も最終話まで大きな変化は無い。
コロンボ警部
カリフォルニア州のロサンゼルス市警察殺人課に所属する警察官であり、階級は「Lieutenant(ルテナント)」である。「Lieutenant」という階級は、一般的な英和辞書では警部補と訳されるため、それに従えば「コロンボ警部補」となるが、実際の各階級の役職、役割、人員の構成比率などで較べた場合、ロサンゼルス市警察においては日本の警察での警視がもっとも近い。それに従えば、「コロンボ警視」となるのが一般的であるが、日本語版の放送や日本語字幕では一貫して「コロンボ警部」とされている。

X-Files あらすじ


X-ファイル
オレゴン州の森で若い女性の変死体が発見された。腰に奇妙な斑点が残っていた他は外傷はない。FBIの通常捜査で解決できなかった事件「X-ファイル」を専門に担当するモルダー捜査官と、新たに着任したスカリー捜査官が現場へと向かった。二人は死体解剖のため、墓を掘り起こす。出てきたのは、人間ではなく異様な生物の死体だった。
モルダー 特別捜査官
オックスフォード大学で心理学を専攻し優秀な成績で卒業。突出したプロファイリングの才能を持つ優秀なFBI捜査官。X-ファイルの事件捜査については一見して事故や超常現象と無関係に見える事件についても、些細な矛盾点を鋭く突いて捜査を開始する。オカルトに関する知識と造詣が深く、UFOやUMAに限らず、民間信仰や魔術、都市伝説といった多岐に渡る広範な知識を持つ。
関連記事