Sherlock Famous words maxim シャーロックの名台詞(1)



Sherlock あらすじ


シャーロック
ジョン・ワトソンは、トラウマを抱えたままロンドンで苦しい生活を送っていた。そんな中、自分と同じくルームメイトを探しているシャーロック・ホームズという変わった男を紹介される。頭脳明晰なシャーロックはスマートフォンやGPSを駆使し、天才的なひらめきと推理力でジョンと共に数々の事件を解決していく。
ピンクの研究|なぜ人は頭を使わない?/Why can't people just think?|シャーロック/SHERLOCK
ピンクの研究|うるさい、みんな黙れ!動くな、喋るな、息をするな。僕は思考中なんだ。アンダーソンはあっちを向いていろ。顔が邪魔だ。/Shut up everybody, shut up! Don't move, don't speak, don't breathe, I'm trying to think. Anderson, face the pther way, you're putting me off.|シャーロック/SHERLOCK


シャーロック・ホームズ


ピンクの研究|少しは頭を使ったらどうだ。まったく、君たちのおかしい小さな頭の中はどんな様子なんだろうか?かなり退屈には違いないな。/Dear God! What must it be like in your funny little brains! It must be so boring.|シャーロック/SHERLOCK
ピンクの研究|頭が空っぽだと気楽だな。もっと多くのことに目をむけろよ。君たち全員空っぽだな。僕じゃないってのは素晴らしいか?さぞリラックスしてるだろうな。/Oh, look at you lot. You're all so vacant! Is it nice not being me? It must be so relaxing!|シャーロック/SHERLOCK
ピンクの研究|店の質はドアノブでわかる。ドアの取っ手の下3分の1を調べれば美味しいチャイニーズレストランがわかる。/You can always tell a good chinese place by examining the bottom third of the door handle.|シャーロック/SHERLOCK
シーズン1第1話 ピンク色の研究
彼のずば抜けた観察力に興味を抱き始めたワトソン。シャーロックの言った住所まで行くと、レストレード警部が第4の殺人が起こったとシャーロックを呼びに来る。ジョンは監察医として一緒に現場に行くことに。4人目の被害者はピンク色のコートを着た女性で、床に爪で何かを書き残していた。シャーロックは女性がカーディフからやって来てピンクのスーツケースを持っていたと言うが、スーツケースは何処にも見当たらない...
関連記事
Google Adsense
当サイトは広告サービス Google Adsenseを利用しています。広告配信事業者は ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります Cookieを無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細はポリシーと規約 Googleをご覧ください。
Google Analytics
当サイトはGoogle Analyticsデータ収集にCookieを使用しています。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。