グリム 第1話特別公開 日本語吹き替え

2019年03月14日
第1話無料オフィシャル動画

S1第1話「グリムの末裔」
オレゴン州ポートランド市警の刑事ニックはある日女性の顔が化け物のように変わるのを目撃する。その後、育ての親であるおばのマリーが現れ、ニックに対し、自分たちはグリム一族の末裔で他の人には見えないものを見る力、魔物の正体を見破る力があると話す。

S1第2話「通過儀礼」
おばのマリーの病室で女に注射されたニックから少量の毒が検出される。殺人未遂事件として捜査が開始され、マリーには警備が付く。しかし、監視カメラの映像には女の顔は写っておらず、それ以上捜査は進まない。レナード警部は引き続きマリーの抹殺を試み、ニックを引き入れようと画策していた。

S1第3話「警告」
ハチ毒によるアナフィラキシーショックで女性が死亡。事故かとも思われたがニックは女性の耳の下にハチに刺されたとは思えない傷痕を見つける。検視の結果、通常ハチに刺された場合の500倍もの量のハチ毒が検出され、殺人事件と断定される。




S1第4話「誘惑」
人里離れた橋の上で女性が車にひかれて死亡。運転手の男は、女性は事故の直後はまだ生きていて、そばにいた男性から救急車を呼ぶよう指示され電話している間に女性は死に男性は姿を消したと話す。検視の結果、死因は事故ではなく、口と鼻を塞がれことによる窒息死と判明する。

S1第5話「死の舞踏」
私立音楽院の教師ローソンの遺体が、車の中でネズミに蝕まれた状態で発見された。駐車場の側には駆除業者“ガイガー・ペスト・コントロール”のケージが置いてあった。そして駆除業者の息子ロディがケンカが原因で数日前に音楽院を停学になっていたことが分かる。

S1第6話「宿怨」
ハップ・ラッサ―の自宅が爆発するが、ハップは偶然家の外に出ていて無傷で助かる。警察は事故・事件の両方から捜査をする。現場でハップと対面したニックは、ハップの正体に気が付く。


S1第7話「森の中の少女」
森で大麻を栽培していたブレイクは、発覚を恐れハイキング中のカップルを殺そうとするが、物音を聞きつけ森の奥へと入って行くと、太いロープのようなもので首を絞められ殺される。現場検証に来たニックはデルマーに付着した長い毛髪を発見する。そして長い髪の人影を見つけ後を追うと、その人物が“ブルットバーデン”に変身するところを目撃する。

S1第8話「復讐のゲーム」
異様な連続殺人を追いかけるうち、ハンクはオレグ・スタークが犯人だと気づく。5年前スタークは一家を惨殺したかどでハンクに逮捕され、300年の刑を言い渡されていたが、24時間前にカリフォルニアの施設から脱獄し車を奪い逃走していたことが分かる。次に狙われるのはハンクだと心配したレナード警部はハンクを保護拘置下に置くことにする。
関連記事