CSI・マイアミ/ CSI・Miami



CSI マイアミ あらすじ


マイアミ
ホレイショ・ケインの元爆発物処理班というキャラクターを上手く生かして派手な炎上、爆破といったダイナミックな演出がよく用いられる。カーチェイスやボートチェイス、津波が描かれているエピソードもある。また、登場人物らがベストなどを着用せず、純然たる私服のまま屋外での捜査を行うのも、他2作には見られない特徴。
ホレイショ・ケイン
階級は警部補。マイアミデイド警察爆発物処理班の出身で、その経験を生かし爆発物分析のエキスパートとしてCSIに異動後、当時主任だったメーガンの休職の穴を埋める形で昇格した。CSI捜査官という枠にとらわれず、1人の刑事として行動する事が多い。サングラスがトレードマークとなっており、印象的なセリフを言う度に、それをかけたりはずしたりするシーンが多い。そのサングラスはシーズン8の第1話の回想シーンによると、まだ車の運送業者だったデルコが見つけてきた偏光レンズにチタンのフレームの逸品である。


S1第1話「マイアミ上空17秒間の惨劇」
プライベート・チャーター機が墜落し、不動産会社の社員らが死亡する事故が発生する。CSIチームが捜査を進める中、女性社員の遺体が墜落現場から8kmも離れた地点で発見される。唯一の生存者のサマー社長に事情聴取をすると、その社員は自ら飛び降りたと話す。
S1第2話「戦慄の首輪爆弾」
コロンビア人の輸入会社社長の首に爆弾が巻かれる事件が起こり、爆弾処理班のアルがその処理に当たるが失敗し2人とも死亡してしまう。恩師アルを失ったホレイショが事件を担当する中、第2の事件が発生する。それらは、コロンビア人コミュニティーを狙った犯行かと思われた。
関連記事
Google Adsense
当サイトは広告サービス Google Adsenseを利用しています。広告配信事業者は ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります Cookieを無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細はポリシーと規約 Googleをご覧ください。
Google Analytics
当サイトはGoogle Analyticsデータ収集にCookieを使用しています。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。