Overseas drama blog ST

動画、格言、名言、名台詞、あらすじ、概要

ディファイアンス 第1話特別公開 日本語字幕


第1話「戦いの始まり」
エイリアンとの全面戦争を繰り広げた後の2046年、元兵士のノーランとエイリアンの養女イリサは、ディファイアンスへ。そこでは人類とエイリアンの数種族が存在していた。しかし街では殺人事件が発生し2大勢力の1つのエイリアンに疑いの目が向く。亡くなったローキーパー(法の番人)に代わってノーランは犯人捜しに取り組むが、街を守る防御ネットが何者かに破壊され、凶悪な種族のエイリアンの軍隊が街に迫ってくる。ディファイアンスはその攻撃に耐えられるのか…!?


第2話「地底に眠る都市」
鉱山で爆発が起き、現場に駆けつけるノーラン。防御ネットを破壊した犯人ベンが診療所から脱走し、地下にあるシャフトを爆破したのだ。そのシャフトはかつての都市“セントルイス”につながっていた。ベンはそこで何をしようとしているのか。一方、街ではヴォルジ人との戦いから逃げたキャスティサン人バンディクが、仲間たちによって拷問にかけられる。それを見ていられないイリサはキャスティサン人たちと一触即発に。

第3話「闇に潜む悪魔」
ディファイアンスの街で男性2人が立て続けに殺される。現場では巨大アリの変異体“ヘルバグ”の卵のうと攻撃フェロモンが発見される。何者かが“ヘルバグ”を操って2人を襲わせたのだ。ノーランが調べると2人の被害者には、十数年前に意外な接点があった。その頃、イリサは頭の中で起きるフラッシュバックに苦しむことが続く。アイラシエント人であるイリサには種族独自のある運命があって、彼女は未知のパワーに覚醒しようとしていた。


第4話「姉妹の絆」
デイタクが経営する“ホローズ”で働く大男のバイオマンにケニヤが襲われ、どこかに連れ去られる。バイオマンは戦争中、兵士の身体能力強化のために使われた薬“ブルーグラス”を製造していたが、原料は人間のホルモン。そのためにバイオマンは大勢の人間を捕まえて、ディファイアンスの外にあるラボに連れて行っていた。ノーランがケニヤ捜索のためにデイタクと面会する一方、逃亡したケニヤたちにヴォルジ人が迫ってくる。

第5話「忌まわしい記憶」
2週間に1度、ディファイアンスに立ち寄る長距離バス“ランド・コーチ”がノーランや市長アマンダを乗せて出発。その直後、運転席で爆発が起き、プレストンをリーダーとするグループにジャックされる。目的はアマンダが持つ大金だったが、プレストンはアマンダが“ランド・コーチ”に乗ることを黒幕から知らされていた。片やディファイアンスで“ランド・コーチ”から降りた客を見て、イリサは顔色を変える。その理由は…!?

第6話「戦友」
ノーランは第9師団の戦友で今は賞金稼ぎのエディと偶然再会する。エディはノーランが先に捕まえた、地球共和国で指名手配されている爆弾魔マディスを引き渡すようノーランに頼むが、共和国との取引材料にしたいアマンダはこれを拒む。やがて爆薬を入手したマディスは牢を爆破して脱獄に成功。ノーランはエディが爆薬を与えたと疑うが、まずはマディスを追う。同じ頃、共和国から来た特使はアマンダの元恋人コナーだった。
関連記事
ST

I’ve found that when you want to know the truth about someone that someone is probably the last person you should ask.