CSI・サイバー/CSI・Cyber



CSI サイバー あらすじ


サイバー
これまでの3シリーズと異なり警察内のCSI(科学捜査班)ではなくFBIが舞台である。そして事件が起きれば全米各地へ飛ぶ。解剖シーンや分析官たちの代わりに、悪玉ハッカーたちがネット上に残す証拠を執拗かつ丹念に追跡する頭脳チームの活躍がメイン。日本でも昨今急増するサイバー犯罪をテーマに描かれた、新感覚クライムサスペンス。製作総指揮はCSIシリーズ4作共通のジェリー・ブラッカイマー。主題歌はザ・フーの「I Can See for Miles」ザ・フーは他3作でも主題歌を歌っている。
エイヴリー・ライアン
FBIのサイバー犯罪部門主任で心理学にも明るい。元は臨床心理士だったが、自身のパソコンがハッキングされそれにより患者が殺され、死の真相を追うためFBIの捜査官になった。CSI:科学捜査班にも幾度か登場している。シーズン2では、退任したシフターの後任として副長官を兼務。


S1第1話「誘拐2.0」
ボルティモアの住宅街で深夜、赤ん坊の誘拐事件が発生する。寝室で眠っていた赤ん坊は忽然と姿を消し、ベビーモニターからは奇妙な会話が聞こえる。状況を知ったFBIサイバー犯罪課のエイヴリー・ライアン特別捜査官は上司シフターに直訴して捜査を引き継ぐ。
S1第2話「コマンド クラッシュ」
遊園地でジェットコースターの衝突事故が発生し、死者3名を出す大惨事となる。コースターには100箇所もの安全装置があり、発車前の点検も行われていた。
関連記事
Google Adsense
当サイトは広告サービス Google Adsenseを利用しています。広告配信事業者は ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります Cookieを無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細はポリシーと規約 Googleをご覧ください。
Google Analytics
当サイトはGoogle Analyticsデータ収集にCookieを使用しています。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。