Overseas drama blog ST

動画、格言、名言、名台詞、あらすじ、概要

NCIS LA/1話~6話/極秘潜入捜査班


S1第1話「復活」
警察の制止を振り切り逃走した車から、誘拐された海軍情報局マクガイア中佐の遺体が見つかる。車内の容疑者と警察が銃撃戦になった際、助手席の男が警察に撃たれることを承知でわざわざ戻って殺したのだ。マクガイアは12時間以内に始まる、麻薬密売組織に攻め込むメキシコとの軍事作戦に関与していたため、情報が漏れている可能性があり、NCIS ロサンゼルス支局の極秘潜入捜査チームが捜査に乗り出すことになった。


S1第2話「破約」
麻薬ディーラーの家で2人が殺された。容疑者の3人は海から現れ海へ逃走。監視カメラの映像を見たサムは、男が使った手信号からSEALのカール・ホルゲイトだと確信する。ホルゲイトを調べると、チームメイトの1人が3週間前にギャングの流れ弾で死亡、また別の1人が事件当日から行方不明になっていることが分かる。

S1第3話「空爆」
海兵隊と空軍による実弾訓練中、無人機のシステムにハッカーが侵入しミサイルが誤射される。海兵隊員1名が犠牲になり、ミサイルがもう1基搭載されていた無人機も消息を絶つ。その後ネットにアップされた無人機のカメラの映像には、セミトレーラーから降りてカメラの電源を切るドライバーの姿が……。

S1第4話「逃亡」
ロサンゼルス国際空港で男が殺される。犯人はセデンシャル警備に勤務しイラクに派遣されており、そこで警護していた実業家を殺害しLAへ逃げてきたのだ。殺されたのはフリンを確保しようと待ち構えていたセデンシャル社員だった。捜査に関わろうとするセデンシャルをうさん臭く思いながら、カレンたちは捜査を開始する。

S1第5話「狙撃」
水上バイクに乗っていた男が撃たれた。被害者は5年前に北朝鮮から亡命してきたダニエル・スーで、彼の会社は国防高等研究計画局から融資を受けたばかりだった。北朝鮮の関与が疑われたため、国防総省内には緊張が広がり、海軍長官が迅速な事件の解明と犯人逮捕を約束する。

S1第6話「偽造」
高級パーティー会場から、海兵隊員のブランドン・バルディビア伍長が転落死した。当初は自殺と思われたが捜査していくうちに他殺と判明。カレンとサムが彼のアパートへ行くと、そこには大量のゲームが。その後バルディビアの上官のジェラルド・モヘラン一等軍曹に話を聞きに行くが犯人の心当たりは全くないと言われる。
関連記事
ST

I’ve found that when you want to know the truth about someone that someone is probably the last person you should ask.