Overseas drama blog ST

動画、格言、名言、名台詞、あらすじ、概要

12モンキーズ/第1話特別公開 日本語吹き替え


S1第1話「世界の運命を握る男」
ウイルス学者キャシー・ライリーは見知らぬ男に拉致されるが、不可解な言葉を残して男は去る。2015年。男の言葉に半信半疑だったライリーの前に、約束通り2年前と同様に負傷したコールが現れる。彼は人類存亡の危機を招く疫病のウイルスの開発者リーランド・フロストを抹殺するため、2043年からタイムマシーンで送られてきたと話す。さらに、コールにこの任務を与えたのはライリー本人だという言葉にライリーは愕然とする。


S1第2話「忍び寄る影」
2043年。音声記録に12モンキーズという名前を聞き取ったジョーンズ博士は、2015年の新聞記事に猿のシンボルを見つけ、コールとラムゼを過去に送る。2015年。記事にあった精神病院に行くと248号室の記録がなくなっていた。さらに12モンキーズが世界の主要都市に現れていたことが判明し、再び過去へ戻ったコールは、本名リーランド・ゴインズの娘ジェニファーと出会う。一方、ライリーは恋人アーロンに助けを求めるが…。

S1第3話「逃げた男」
精神的に不安定なジェニファーとの会話から、ある科学者がリーランドのラボから逃げ出していたことが判明し、コールは科学者を追ってハイチへ。2014年。コールに拉致されてから1年後のライリーは、CDCの要請で伝染病の発生したハイチへ行くことに。コールとは後の時間軸に狂いが生じないよう、出会わないことを約束して旅立つ。ハイチの医療現場の惨状にウイルス拡散を危惧する中、ライリーはウイルス学者アンリと出会う。


S1第4話「アタリ」
リーランドの秘密のラボ、ナイトルームの場所をライリーと調べている最中に、突然2043年に連れ戻されるコール。かつてコールとラムゼが属していたウエスト・セブンという、凶悪なディーコンが率いるグループが研究所を襲ってくるとの情報があったのだ。コールたちは必死にタイムマシーンと動力源を守ろうとするが、ウエスト・セブンは施設内に侵入。ラムゼが窮地に追い込まれる中、ジョーンズ博士はある決断をする。

S1第5話「ナイトルーム」
コールとライリーはナイトルームに侵入するが、リーランドのラボは既に謎の青白い男の手に落ちていた。問題のウイルスは保管庫の中にあり、保管庫を開けることができる唯一の人物、ジェニファーも連れてこられていた。青白い男はジェニファーに無理矢理、保管庫を開けさせようとするが…。2043年。ジョーンズ博士に不信感を抱くラムゼは、彼女の私室に忍び込み驚くべき事実を発見する。

S1第6話「もうひとつの未来」
ナイトルームからライリーが運び出され、直後にコールは2043年へ戻る。だが、研究所はウエスト・セブンの基地となっており、ボスはラムゼでジョーンズ博士もいたが、その時空のコールは既に死亡していた。未来が大幅に書き換えられたのは、2015年にライリーが死亡したことが原因らしい。ジョーンズ博士から“トロイ作戦”でウイルスが拡散したことを知らされたコール。ライリーを救うべく2015年に戻る。
関連記事
ST

I’ve found that when you want to know the truth about someone that someone is probably the last person you should ask.