スコーピオン/Scorpion|チャック/Chuck|Burn Notice|The Vampire Diaries



Scorpion/スコーピオン あらすじ


あらすじ
アイルランドに住んでいたウォルター・オブライエンは、11歳の時、NASAのコンピュータにハッキングしたことで、国土安全保障省の特別捜査官ケイブ・ガロにアメリカに連れて来られ政府への技術協力をすることになった。時が経ち成人したウォルターは、行動心理学者のトビーとメカの天才ハッピー、天才数学者シルヴェスターの3人とともに会社スコーピオンを設立したが、まともな仕事の依頼は得られていなかった。
そんなある日、捜査官ガロがやってきて、ロサンゼルス空港のコンピュータシステムがダウンし、墜落寸前の旅客機56機を救うためにウォルターたちの助けを求める。スコーピオンの4人はそれぞれの能力をフル稼働して危機に立ち向かう。ウォルターは国土安全保障省との契約を得たが、チームの天才たちは他人とのコミュニケーションに問題を抱えているため、一般人のペイジを潤滑油として雇うことに。

チャック/Chuck あらすじ


あらすじ
どこにでもいる普通のオタク青年、チャックはある日、旧友のブライスから送られてきたEメールを見る。すると、チャックはその場で失神してしまう。実はブライスはCIAのスパイであり、国家機密のデータを全て盗み逃走、拘束される寸前にチャックにメールにして送ったのだ。
それを見たチャックは国家機密のデータ全てを脳にダウンロードしてしまい、更にそのメールが入ったパソコンは、CIAが放った追手のサラに破壊されてしまったため、国家機密はチャックの脳の中にあるのみとなってしまった。さらに、CIAとは異なる思惑で動くNSAのエージェント、ケイシーも現れ、サラとともにチャックを護衛・監視することになった。チャックはこうして、普段は家電量販店バイモアの店員、時にはスパイとしての、不思議な二重生活を送ることになった。


The Vampire Diaries あらすじ


バンパイアダイアリーズ
イケメンのヴァンパイア兄弟とヒロインが三角関係を繰り広げる、ホラーラブストーリー。舞台は謎めいた伝説が残る町、バージニア州ミスティック・フォールズ。高校生のエレナの前に、端正な顔立ちでミステリアスな雰囲気の転入生ステファンが現れ、二人はたちまちお互いに惹かれあう。ヴァンパイアの他、魔女、人狼も登場する。
ヴァンパイアの特徴
ヴァンパイア化した時点から不老になり、基本的に不死になるが、特殊な方法で殺すことは可能。人間離れした聴覚、嗅覚、腕力、移動速度などを有する。自分の意志で、感情をオフにすることができる。性行為は可能だが、子を成すことはできない。少量の血を与えることによって、人間の怪我を治したり、蘇生したりできる。杭を打ち込まれるなどして殺されても、身体が残っている限り完全な死ではなく、数百年でも眠っていられる。

Burn Notice あらすじ


バーンノーティス
世界をまたにかけて活躍していた凄腕のCIAスパイが突如解雇。探偵となって依頼人に持ち込まれた仕事をスパイの知識と技術で解決しながら、解雇の真相を探り出そうとする。Burn Noticeとは諜報の世界において、信頼できないと判断された情報源について、諜報機関が協力関係にある諜報機関全てに出す警告通知書のこと。
マイケル・アレン・ウェスティン
世界をまたにかけて活躍していた凄腕の元CIAスパイ。ナイジェリアでの任務途中で突然解雇され、経歴や財産も奪われて命からがら逃れる。気がついたら、故郷であるフロリダ州マイアミに送られ、マイアミを出ないようFBIから監視されることとなる。自身が解雇された真相について調査を始めるが、近所の困っている人から問題解決を依頼されるようになり、人助けのためにスパイ技術の知識を生かして、私立探偵のようなことをするようになる。
関連記事