トップガン/Top Gun

2018年11月13日
動画 あらすじ 概要

1986年度の全米興行成績1位
日本でも1987年度の洋画配給収入1位を記録した。本作の大ヒットにより、主演のトム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。助演のヴァル・キルマー、メグ・ライアン、ティム・ロビンスら、若手俳優の出世作としても知られる。

トップガン(Top Gun)
1969年3月に創立されたアメリカ海軍戦闘機兵器学校のことで、エリート戦闘機パイロットの上位1パーセントのパイロット達の空中戦技を指導するために創られた養成機関である。映画製作当時は、カリフォルニア州サンディエゴ近郊のミラマー海軍航空基地 (Naval Air Station Miramar) にあったが、1996年にネバダ州のファロン海軍航空基地へ移転している。




冒頭シーン
マーベリックは天才的な直観力と技量を持つパイロット。相棒のグースは、どこにでもいる陽気な人がらのレーダー要員。ある日、僚機のクーガーとマーリンのコンビと共に、インド洋上で国籍不明のMIG-28に執拗に追い回され、ロックオンされたクーガーは、恐怖のあまり自力で帰艦出来出来なくなってしまう。

F-14トムキャット
グラマン社の開発した可変翼と長射程のAIM-54フェニックスの運用能力を特徴とした、第4世代ジェット戦闘機に分類される艦上戦闘機。1970年の初飛行を経て1973年から運用部隊に配備された。F-14の特徴の一つとしては飛行中に速度によって最適な後退角に主翼角度を変えられる可変翼が有名で低速時には主翼を横に広げることで後退翼機では得られない大きな揚力を発生させることができる。


ブルーエンジェルス
アメリカ海軍所属のアクロバット飛行隊。現在の本拠地はフロリダ州のペンサコーラ海軍航空基地。昔から、アメリカ空軍のアクロバット飛行チーム「サンダーバーズ」とライバル関係にあり、共に世界でも高レベルのアクロバット飛行能力を誇る。

デモンストレーション
第二次世界大戦終結時に大衆の海軍航空兵力への関心を維持しておく事を意図して、チェスター・ニミッツ提督の指示で、1946年4月24日に組織された。それから1年とたたない1946年6月、本拠地であるフロリダ州のジャクソンビル海軍航空基地で最初のデモンストレーション飛行を行った。

ダイヤモンド編隊
初期飛行時の機体はグラマンF6F ヘルキャットの3機編隊で、先導機はロイ・ブッチ・ボリス少佐だった。すぐ2ヶ月後の1946年8月25日に、機体はグラマンF8F ベアキャットに移行した。この時初めて、有名な「ダイヤモンド編隊」を披露した。